e−たわごと No.075

投稿日 2003/11/25  松風緑子さんを迎えて
寄稿者 及川・八柳

 松風(赤羽)さんが藤沢のお友達の所へお出でになるというイイメールをいただきました。藤沢在住の福田さんと八柳が肝煎りとなり、小田急沿線にお住まいのお近くの方々にお声をかけ、24日(祝)湘南ミニクラス会を福田さんの行きつけのお店で行いました。出席者は下の写真のとおり左から、福田、及川、松風、丁子、齋藤、伊藤、八柳(敬称略)の7名でした。
 いつも同級会では及川さんは遠慮勝ちで寡黙という印象がありましたが、この日の及川さんは、これまでのイメージを払拭するほどの能弁でその記憶力には一同只々驚愕、賞賛の一語、及川さんのホントの姿を知ったのでした。
 最後に曰く「いつも同級会では、声のでかい人が喋るので話しをするチャンスがなかっただけ」と、一同反省しきりでした。
 及川さんは、また出席者のお話とコメントもその場で書いてくれましたので、そのまま掲載します。以下、『 』内は及川さんのコメントです。(八柳記)

『仕事をやめて閑になりますと、昔の事ばかり色々と思い出されて日々悩むことのみ多いようです。うつ症状の一つといわれ、精々皆様と会い発散するようにしております。

斎藤 毅君はいつお会いしても万年青年ですね。でも年相応に進歩成長されていますよ。

八柳君がお料理教室に通い始めました。食器洗いは上達しましたか。

丁子君、耳鳴りが治って良かったですね。無呼吸症にも気をつけて下さい。

福田君、オーバー60才野球チームのエースと思ったら、DHとのことですが、変わらず頑張っておられますね。

伊藤君、ご長男に子供さんが生まれておめでたいことです。益々ご健康で活躍ください。

松風みどりさんからの御願い。小学校5年生の夏休み、盛岡から上野まで夜行で私を連れて行って下さったのはどなたのご家族だったでしょうか。お礼を申し上げたいのです』

 記憶のよいみなさんから5年のとき転校した人としてリストアップされたのは、外山さん、宮田さん、米内さん、江上さんなど、山中莞爾さんなら知っているかも。そして、松風さんが藤沢にやってくれば、及川さんの話がまた聞けるかもしれないというのがみなさんの結論でした。(この部分、八柳記)
(11・25 及川、八柳)

TOPページへ


iwayama3 since2002.11
Presented by Ayako Taguchi