e−たわごと No.095

投稿日 2004/06/10  ヴィクトリア,1492
寄稿者 八柳修之

田口さんが行ったヴィクトリア、袰岩さんの言った1492年、なんの関係もないことをテーマに駄文を。
ヴァンクーバーには3度立ち寄ったことはあるが、目と鼻の先のヴァンクーバー島のヴィクトリアへは行ったことはない。ブリティッシュ・コロンビア州の州都はヴァンクーバーでなくてヴィクトリア、田口さんによると温暖な落ち着いた英国風の町、花と緑の溢れるよい町のようである。
ヴィクトリアで客死した盛岡出身の新渡戸稲造、それが縁で盛岡とは姉妹都市となり、田口良一氏が盛岡ヴィクトリア友好協会会長を務められている。
また、小川智子さんの岩手看護短大とカモソン大とが交流関係を結んだという話、いずれも新渡戸の言った「太平洋のかけ橋とならん」の実践であり、心から敬意を表します。


カナダ・ヴィクトリアの風景(撮影:田口絢子さん)
 
ところでヴィクトリアという名の付く地名は世界各地に見られる。
地図帳で調べてみると、オーストラリアのメルボルンはヴィクトリア州に、南部にはグレートヴィクトリア砂漠、アフリカにはヴィクトリア湖、世界三大瀑布の一つヴィクトリアの滝があり、香港の正式名称はヴィクトリア、インド洋上の小さな島国セーシェルの首都もヴィクトリアである。かって世界を制覇した大英帝国、偉大なるヴィクトリア女王の名を付したからであろう。
こうしてみると、新大陸にはカナダのヴィクトリア以外にはないようである。

ブラジルの北東部にヴィトリア(
Victoria)という大きな港町があるが、これは女王の名に因んで付けたものではない。袰岩さんが暗記したColombus discovered America in 1492..私は「意欲に始まるコロンブス」と暗記したものだが....それから8年後の1500年に最初のポルトガル人がブラジルに到達した。(現在では「発見」という言葉は使わない)。ヴィトリアはインディオと戦って勝利(Victoria)して名づけた町の名である。1980年、この町の奴隷港跡を訪れたことがあった。

現在、ヴィトリアはブラジル北東内陸部で採掘された鉄鉱石やパルプなどの積出港となっており、日本との関係も深い。ブラジルに「北東部ブラジルへの旅は過去への旅」ということわざがある。このことわざの「過去」とはブラジル文化の原型となった古い奴隷時代の跡や文化、生活習慣が北東部ブラジルに残っていることを示しているとともに、最も早く開発されたところなのに、今なお貧困地域でブラジルのお荷物となっているという意味もこめられている。
ブラジル文化をつくったブラジル人気質は、白人とアフリカ人とインディオの三者がこの北東部地域で混血することで誕生し、醸成された。混血には白人とインディオとの混血であるメスティーソ、白人とアフリカ人の混血のムラート、アフリカ人とインディオの混血カフーゾの区別がある。メスティーソは奥地で牛飼いとなり、ムラートは奴隷の身分から解放され、白人よりも熱帯の生活に適応しのびのびと生活した。「ブラジルは黒人の地獄、白人の煉獄、ムラートの天国」ということわざも生まれた。

そして、10年後、なんの縁か、私は西アフリカで石油開発している会社に勤めることになり、アンゴラの奴隷港跡からブラジルを眺めることとなったのであった。アンゴラとブラジルとの関係はいずれ述べたい。
(6・10 八柳修之)

TOPページへ


iwayama3 since2002.11
Presented by Ayako Taguchi