e−たわごと No.119

投稿日 2004/12/22  竹生健二さんへ
寄稿者 小川智子

竹生 様

HPでお元気な姿を拝見して、とても嬉しく思いました。
直ぐにメールを出したかったのですが、アドレスが判りませんでした。

昨日、盛岡のクラスメートが集まって、お喋り会(ワインをたしなむ会)をしました。その時に、絢子ちゃんにアドレスを教えて頂く約束をして、今、メールが入りました。

本当に、竹生さんは、本務にお忙しかったのですね。
クラス会にも出て来られないし、HPにも何も書かれないので、そう思ってました。私も、毎日が時間との競争みたいな45年を送りましたから、良く判ります。
でも、65歳を過ぎたら、結構、皆さんも、私にもゆとりができたのか、集まったり、HPに書いたり、メールを出したり、遊びに来たり、行ったり・・・・と、親睦をはかる機会が増えました。

私は定年後、盛岡に帰り岩手看護短期大学で働き出しました。もうすぐ4年目が終わります。
退職すると閑人と思うのか、文部科学省の仕事を始め、学会長、いろんな所の委員や、滝沢村の審議会委員までさせられて、いつのまにか、本務以外に11も仕事を引き受けるはめになっていました。

それが災いしたのか、盛岡人なはずなのに、始めての土地に来たみたいで、盛岡の環境に適応できなかったこともあって、3年目に入った時に、心身ともにダウンしてしまい、1年もブラブラ過ごしました。入院を繰り返し、お陰様で、疲れもとれましたし、看護師さんの様子を観察したり、短大生の実習を見たりできて、得るものもありました。

それで、殆どの仕事は辞退したのですが、今度は、学術会議の会員になって、週に3回は東京へ出かけています。チャンスがあれば、出張中にでもお会いしたいです。

青木さんには、短大の臨床心理士を探して頂きました。青木さんいわく、
「僕の様な年寄りは若い人の相手はできないよ、僕に任せてくれるなら素晴らしい人を紹介するよ」
といわれて、それが、クラスメートの松井さんの息子さんだったのです。
私も相当参っているときでしたので、色々相談に載って貰っていましたが、君が鬱になるわけがない、ワッハッハ・・と笑われ、元気を貰いました。それなのに、当の本人がその後半年も立たない内に自殺してしまうなんて、本当にその気持ちが判るだけに、悲しい思いをしました。

掘合学級を思い出す時、何時も赤い腕章を腕に付けていた竹生さんを思い出し、佐藤信夫ちゃん、糠塚大輔ちゃんと連鎖反応的に思い出します。どうしてかわからないけど・・・。信夫ちゃんには大阪にいた55才頃までは、近い学問分野にいたこともあって、5年に1度くらいは、会う機会がありました。お酒が好きで、身体が大丈夫か心配でしたが、定年後どこで暮らしているのかも判りません。台ちゃんには、一昨年か去年の盛岡のクラス会であって、凄く元気で堂々と意見を言う大人になっていて、本当に心身ともに大きくなって、驚きました。

附属のクラスメートは皆、本当に優秀です。それぞれが一流になっているので、会ってお話してもとても楽しい。これは歳をとってから味あう事ができる楽しみかも知れません。
竹生さんも、クラス会に出て来られて、皆さんと接してみて下さい。子供の頃を知っているということは、ある意味で、本当の自分の原点を知っている人がいることがわかり、また、磨かれた友達の知らなかった別の才能を知ることができて、きっと楽しいと思いますよ。

この秋に知的障害者のスペシャルオリンピックス(来年2月に長野で世界大会が行われる)の聖火リレーを岩手ですることになり、その実行委員長をさせられたのですが、絢子ちゃんを始め、山中さん、波多野さん、館沢さん、袰岩さん(中学からの同級生)の5人が、それぞれの特技を生かして殆ど実行して下さいました。

50年も別の世界で仕事をしてきた者が、集まって一つの仕事を4ヶ月で立派に成し遂げられるなんて、私は予想も出来ませんでしたから、改めて、皆の凄さに驚かされ、感心しました。もちろん他のクラスメートの方々も実行委員としてではなくとも、色んな事で助けて下さいました。

竹生さんが盛岡に来られる機会があったら、私の家に泊まって下さい。ご夫婦で泊れる客間を作りました。息子一家が帰って来た時に、泊れる様にしてあるのですが、普段は、誰も使っていません。
問題を抱えた学生を泊めて話しを聞いたり、外国人のホームステイ(絢子ちゃんを助けるためにも)してもらったり、我々の友人を泊めたりしていますから、遠慮はいりませんよ。
家でもクラス会もどきをしたりしています。竹生さんが来て下さったら、皆喜んで集まると思います。

先ずは東京のクラス会に参加して皆さんのすばらしさを味わって下さい。絢子ちゃんがすごく楽しみにしています。私達もそのお土産話を楽しみにしていますし、高橋明さんの東京からの報告も楽しみです。盛岡のクラス会とも、関西のクラス会とも雰囲気は違いますが、楽しい事には変わりないと思います。皆も楽しみに待っていると思います。

何からお知らせして良いのか判らず、書き出したら、随分長い文章になってしまいました。これから、私のこともよろしく。

TOPページへ


iwayama3 since2002.11
Presented by Ayako Taguchi