e−たわごと No.255

投稿日 2006/06/05  日本百名山(26)
寄稿者 竹生健二

高尾山 599m (1998年)
 
1998年9月末に今まで37年半勤めた会社の顧問を退任し、10月1日に新たに設立されたスイスの会社との合弁会社の社長に就任した。早速両社からの出向者の融和を図るべく、レクレーション行事の最初として休日に高尾山へハイキングを計画した。高尾山は勿論日本百名山には入ってないが、東京の近郊でこれだけ自然が保全されているのはめずらしい。現在東京外環道路の建設をめぐって、ここにトンネルを掘ることにより地下水脈に変化が起き、生態系に影響が出るのではないかと危惧されており、そのための訴訟が行われている。

11月21日の土曜日は雲ひとつない快晴。京王線高尾山口に9時集合。山頂までの登山ルートは沢山あるが、今回は6号路の びわ滝 経由で登る。後ろから大学の運動部の学生が訓練のため駆け足で登ってくる。10:30に山頂着。紅葉が真っ盛り。真東には新宿副都心の高層建築が霞んで見える。富士山や丹沢の山々も、初冬の澄んだ大気を通してくっきりと見える。昼食のあと、11時に山頂を出発、一丁平を経て城山 (670m) に11:40着。ここからは相模湖が見える。ここを12:40に発って景信山の方向に向かう。時間が十分あるので陣馬山まで行きたいところだが、団体行動だから今日は小仏峠から下山。小仏バス停からバスで中央線高尾駅へ出て解散。
 

高尾山
 
高尾山 左遠方は新宿
 

TOPページへ


iwayama3 since2002.11
Presented by Ayako Taguchi