e−たわごと No.269

投稿日 2006/06/22  日本百名山(32)
寄稿者 竹生健二

瑞牆(みずがき)山 2,230m (1999年)
 
秋も深まってきたが、まだ山登りはできる。10月31日の日曜日は快晴。家内と一緒にMさんを瑞牆山へ案内することにしたところ、Oさん、I君、F嬢も一緒に来てくれることになった。3:35に横浜の我が家を出立、途中でOさんを拾い、都心でMさんを拾う。I君、F嬢組とは中央高速道路の双葉で待ち合わせ。須玉で高速道路を降りて、塩川沿いに北上、途中道路標示を見間違えたが、黒森からの道は立派な道に修理中。瑞牆山荘前の駐車場に8:05着。ここから一瞬山頂の岩が見える。8:40から登山開始。登り出すと黄色に染まった楓の葉が美しい。富士見平小屋9:35着。10分休憩のあと天鳥川出合10:15着。10分休憩のあと、12:05山頂着。狭い場所で、すべすべした岩に登山者がいっぱいだ。富士山はじめ、南アルプスは駒、仙丈、北、間の岳、農鳥、その先は赤石や聖だろうか。八ヶ岳と駒ヶ岳の間に御嶽山が。八ヶ岳の先は蓼科山まで。金峰の五丈岩は双眼鏡ではっきり見える。さっき誰かが「浅間が見える」と。13:35に下山開始。家内のペースでゆっくり下る。天鳥川出合で10分休憩、富士見平小屋でも5分の休憩で、山荘駐車場16:35着。16:55に山荘を出て、都内でMさん、世田谷でOさんを下ろして、我が家に23:20着。これで日本百名山は27座目となる。
 
(クリックすると拡大表示)
 

TOPページへ


iwayama3 since2002.11
Presented by Ayako Taguchi