e−たわごと No.352

投稿日 2007/01/22  日本百名山(52)
寄稿者 竹生健二

四阿山 (あずまやさん) 2,354m (2006年)
 
H夫妻との四阿山登山は7月3日〜4日が天候不順で12日〜13日へ、それが来客のため20日〜21日へ延期。それが再び天候不順で延び延びになっていたところへ、焼岳登山が入り込み、結局8月6日の日曜日から7日にかけてとなった。朝から暑い。6日は6時に起床、朝食あと家内と7:55に出る。途中まったく渋滞なく、箱崎、小菅経由新井宿で首都高速を降り、越谷のHさん宅に9:35に着く。お宅にお邪魔し、歓待を受ける。10:55に出発、外環状線の草加から関越道へ。横川で小休止、小諸に13:45に着く。懐古園の入り口の茶店でお蕎麦の昼食。園内に入り藤村詩碑を見る。そのあと小諸から上田までは高速道、そこから一般道で菅平に17時頃に着く。ホテル案内所でペンションの場所を教えてもらう。夕食の18時半まで部屋で横になる。夕食後、真っ暗なペンション村の中を歩いて、Auberge de Higeという大きなレストラン(お客はほとんどいないようだ)に入り、自家製のアイスクリームをプールサイドのバーで楽しんでから宿に戻る。
翌7日は5時半起床、朝食は6時半。お弁当をもらって7:15に出発。標高1,590mのダボス牧場の駐車場に駐車して、7:30から登山開始。四阿山に向かう。今日も快晴で暑い。高原といっても湿度は高く、遠くの景色は霞んでいる。8:30に「1.2km⇔3.4km」という標識に着くと急に右側が開ける。9:05に「1.8km⇔2.8km」の標識に着くと、四阿山と根子岳が見えてくる。9:40に「2.5km⇔2.1km」の標識。見晴らしがよく、1,917mの峰らしい。そのすぐ先で森林限界を越えると、上空に雲が出て直射日光を遮ってくれる。10:00に標高2,106mの中四阿に着く。小休止して10:10に出発。ここから少し下るとその先に初めての急坂。10:50に四阿高原。トンガリ帽子の山頂が見える。11:00に根子岳への分岐点。最後に材木の階段を登ると山頂。11:25着。標準登山時間は3時間だが、家内のゆっくり歩調でも4時間とは。浦倉山の方角から中学生がたくさん登ってくる。南に田代湖が霞んで見えるが、その先の浅間山は稜線もはっきりしないほど霞の中。写真撮影のあと昼食。11:45にH夫妻は根子岳経由で下山する。われわれは来た道を下山するとして、12:10に出発。13:10から13:20まで中四阿で小休止。14:05に1,917mの峰。牧場の手前の沢で体を拭く。15:15に牧場着。所要下山時間は標準2時間10分に対し3時間05分。右手奥に四阿山、左に根子岳がはっきりと見える。H夫妻は14:05に着いたと。何と早いことか。四阿山から根子岳経由の標準所要時間は3時間15分なのに。まず宿でお風呂をもらい、
Auberge de Higeで自家製のフランスパンを買って16:55に出発、上田から上信越道、さらに関越道に入り、高坂で夕食。Hさん宅に21時に到着。われわれは東北自動車道の浦和から箱崎経由で帰る。都内で渋滞があり、我が家22:35着。これで日本百名山は48座目となった。
 

四阿山
 

TOPページへ


iwayama3 since2002.11
Presented by AyaKo Taguchi