関西発 No.001

発信日 2002/12/11  大阪でのミニクラス会
発信者 田口絢子

11月27日から4泊で大阪行きが決まりました。
年一回全国からロータリーの現、元役員がその年度の理事が出たところに集合します。
大体東京と関西が交互になるので、いままで何度か京都、大阪での会合の時はみどりちゃんに声をかけると大体関西在住の附属会の人たちが集まってくれます。

10年以上前には増子さんが朝日新聞の大阪支社にいてみんなで「みみう」という有名なうどんやさんで「うどんすき」を囲んでいたとき、うどんを2,3本すすったところで航空事故の事件が起きて増子さんが呼び出され退席したことが忘れられない思い出。
梅本(鈴木)万里ちゃん、小川(三田)智子ちゃんも関西組の経験者。

大阪を中心に電車で一時間前後のところで、一番遠いのがの夛田(小松代)纓子ちゃん、それから明石の高浜直子ちゃん、須磨の土居さん、神戸の栗原さん、大阪は堺市に中川さん、ちょっともどって京都にみどりちゃんがいます。

今回は会議会場が大阪だったので28日夜みどりちゃんと中川さんの呼びかけに応えて下さった全員が市内の全日空ホテルに集合、中川さんとは10月以来、他の人たちとはほぼ一年ぶりに再会しました。

いつ会っても思い出の話は尽きない。いまから15年前のどこだったか忘れたけど、クラス会で中川さん(黒サングラスかけて)が一人でいるところに波多野さんが入ってきて片方は「ヤクザがいる」と思い片方は「恩師」かと思った・・話はいつ聞いても笑ってしまう。
土居さんも神戸でのクラス会のときよりずっと元気になってうれしい。

一番遠いコマちゃんは姫路から、ときには出かけるのが億劫になって去年は会えなかったけど、今回は昔と全然変わらないコマちゃんに会えました。
直子ちゃんは絵本作家として活躍中、短大の非常勤講師、兵庫県の教育審議委員などなどの役職を持ち絵本もたくさん出版されています。
阪神大震災の体験から生まれた絵本「ありがとうニャアニャア」を送って頂いて孫娘たちに読んで聞かせてます。この絵本の主人公は「みどり」・・・

関西代表エンターテイナー栗原さんはまだまだ兵庫県が必要としてる人物、なにしろ兵庫県の芸術文化協会の理事長さんなのです。それと来年は神戸女子短期大学の顧問を務められるとか。理事代行として週の半分は大学の方へ行ってるそうで、ピチピチギャルに囲まれ彼女らのパワーをいっぱいいただいて、ますますその美声に磨きがかかることでしょう。

その夜も大阪の一番にぎやかな夜の町に繰り出して中川さんご贔屓の美人ママのお店に行き栗原さんの歌に一同酔いしれました。
土居さんはフランク永井の曲を、中川さんも一曲、女性軍はただただ「ワワワワァー」と擬音?でバックコーラスの つ・も・り・・・

その時みんなに少しずつあげた「南部せんべい」を直子ちゃんが気を利かして美人ママにあげたのはいいけど、それは実は栗原さんの分だったのでそのとき彼が「おせんべ〜」と叫んでいたけど直子ちゃんが「まぁまぁ」となだめ、あとで私と別れてからまたみんなでおせんべいを均等に分け合ったと家に帰ったら直子ちゃんからFAXが入ってて笑ってしまった。たかがゴマ煎餅なのにこんなに懐かしがってくれて感激です。

最後に写真の紹介・・・といきたいのだけど、実は全部消してしまって無い。
「私のミスで消しちゃって・・・ごめんね」・・と関西組にはハガキ出したけど、正直に告白します。

翌日京都観光へ朝早く主人と出かけタクシーの中で中川さんとママのツーショットなど見て「フムフムよく撮れてた・・」と喜んだとこまではよかったけど、そのタクシーの中にデジカメを滑り落としたらしい・・・
すぐ交番げ届けたけど、生憎個人タクシーで名前も分からないし名詞ももらわなかった。
「京都の観光地のタクシーでの忘れ物はほとんど90%でやすでぇ〜」といわれたけど・・・・・・

そんなわけでこの写真は去年京都でみんなに会ったときのを掲載します。
コマちゃんがいないのが寂しいけど一年前とみんな全然変わっていませんのでこれでお許し下さい。
 

TOPページへ


iwayama3 since2002.11
Presented by Ayako Taguchi