ことばあそび No.004

投稿日 2002/11/29  [ジョーク4] メキシコの悲劇とブラジルの幸運
寄稿者 八柳修之
メキシコの悲劇とブラジルの幸運

メキシコの悲劇は、アメリカに近く、天国に遠いことである。
ブラジルの幸運は、アメリカに遠く、天国に近いことである。


メキシコは大国アメリカの隣の国、いやおうなしにアメリカの政治、経済の動向に影響をもろに受ける。アメリカは、メキシコを裏庭としか思っていない。メキシコの輸出の8割、輸入の7割が対アメリカとなっており、アメリカへの依存度は大きい。
メキシコはアメリカという巨大市場に接しており、メキシコ企業にとってビジネス・チャンスがあるというプラスの面もあるが、とくに天然資源を持たないメキシコにとっては安い人的資源をアメリカに供給しているだけである。
アメリカの影響が強く自立的な経済政策をとれないこと、さらにNAFTA(米州自由貿易圏)に加盟しているので、メキシコの企業は厳しい競争にさらされ、いつまでもたっても天国には遠い。

一方、ブラジルの場合、アメリカとの距離が離れており影響を受けにくい。ブラジルは天然資源に恵まれ、計り知れない発展の可能性を秘めている。
あまり知られていないが、ブラジルは日本、ドイツ、オランダに次ぐ、世界第4位の貿易黒字国である。輸出品は品質の高いパルプ、紙製品、鉄鉱石から加工食品、繊維品、自動車(ベンツ)、航空機にまで及んでいる。なかでも近年、工業品の輸出比率が高まっているのだが。問題は国民性にあるようだ。(11・29)

TOPページへ


iwayama3 since2002.11
Presented by Ayako Taguchi