ことばあそび No.010

投稿日 2002/12/10  [ジョーク8] アイルランド人は呑兵衛
寄稿者 八柳修之

 あるアイルランド人が一晩中パブで呑んでいた。バーテンが本日は閉店ですと言った。
男は帰るために立ち上がるが、顔から転んでしまう。男は這って外に出て、綺麗な空気を吸えば酔いが覚めると思った。外に出て立ち上がるがまた顔から転んでしまう。しょうがないので這って家まで行く。ドアのところでまた顔から転んでしまう。男は這ってドアを入り、階段も這って上がる。ベッドまでようやくたどり着き、もう一度立ち上がってみるが、今度はベッドに倒れ込み、そのまま寝てしまう。

 次の朝、男は妻が怒鳴っているのを聞いて目が覚めた。
 「あなた、また飲んだね」
 「なんで分るんだ」
 「パブから電話があったのよ。あなたがまた車椅子を忘れたってね」

 テキサスの男が、アイルランドのパブに入り、店中の客にむかってこう叫んだ。
「おめーら、アイルランド人はみな呑兵衛らしいじゃねぇーか。おめーらの中で、もしギネスを10杯立て続けに呑める奴がいたら、500ドルくれてやろうじゃねぇか」
 パブは静まり返り、誰も男の話にのらない。パブを出て行く者さえいた。30分後、そのパブを出て行った男が戻ってきて、テキサス野郎の肩を叩いた。
 「さっきのおめえさんの話はまだ続いているか?」
 「そうよ」とテキサス野郎がそういうと、バテンダーに10杯のギネスを並べるように言った。するとアイルランド人の男は、10杯のギネスを次から次へと瞬く間のうちに飲み干した。テキサス野郎はびっくらこき、パブにいたアイルランド人は拍手大喝采。テキサス野郎は仕方なく500ドルを渡し、こう聞いた。
 「一つ聞きたいことがあるんだ。おめえさん、30分の間、どこさ行って
  いたんだ」
 「おー、近くのパブに行って、10杯呑めるかどうか試してたんだ」と男は言った。


 エスニック・ジョークではアイルランド人は呑兵衛というレッテルが貼られている。なにしろコーヒーにウイスキーを入れるお国柄ですからね。コーヒーにシロップ、ウイスキーを入れて、ホイップクリームをのせたアイリッシュコーヒー、ケーキなど甘いデザートよりお酒という人のデザートによいかもしれませんね。
 アメリカ人の中でも西部のテキサス人は田舎者の代表選手とされているようだ。昔、メキシコ領であったからとか。金を求め、石油を求めて西へ西へと行った荒くれ男たちの末裔だから、など諸説があるが。

 さらに蛇足 イギリスのビールの種類
ビター(Bitter): ちょっと苦い、褐色をした生ビール、生ぬるく泡も少ない。
ラガー(Lager): 日本のビールに似ている。
スタウト(Stout): ギネスなどの黒ビール。
 ジョッキのサイズは1パイント(570cc)と半パイントとがある。
 注文はカウンターでして、ビールと引き換えにお金を支払う。
 A pint of lager, please.というように種類とジョッキのサイズを言う。何種類ものラガーを置いている所では銘柄を言う必要がある。 (12・10)

TOPページへ


iwayama3 since2002.11
Presented by Ayako Taguchi