ことばあそび No.023

投稿日 2003/04/21  [ジョーク16] ユダヤ人
寄稿者 八柳修之

 フランス人、イギリス人、イタリア人、ドイツ人、アラビア人、そしてユダヤ人がパーティをすることになった。
 気のいいフランス人が「うちでやろうよ。みんな来いよ。ぶどう酒は僕が用意するから、みんな自分の好きなものを持ってくればいいよ」と言った。

 さてパーティの日、みんなが持ち寄ったものとは。


  イギリス人は、すぐりの実のゼリー。
  イタリア人は、スパゲティ。
  ドイツ人は、塩漬けのキャベツ。
  アラビア人は、肉だんご。
  ユダヤ人は、自分の弟。

 二人のユダヤ人がニューヨークにやって来て、日が暮れたのでどこかのホテルに泊まることにしホテルを探した。あるホテルの前で、片方の男が言った。
 「このホテルにするか」

別な男が言った。「ここのホテル制限付ホテル(with the limits)って書いてあるじゃないか。どういう意味か判っているだろう。俺たちユダヤ人は泊めねっていうことよ」
 片方の男が言った。「知ってるさ。中さ入って、からかってやろうぜ。話は俺に任せてとけって」

 そして、二人の男は中に入り、受付係に言った。

男 (イディシュ訛で) 「泊まりたいんだけどね」と低い声で言った。
受付係(動転して) 「申し訳ありませんが、当ホテルは制限付きホテルで
    ございまして、ユダヤ人の方々はお泊めできません」

男  「なんで、俺たちをユダヤ人だと思ったんだい。あなたと同じ
    クリスチャンだってさ。嘘だと思ったらキリスト教に関することを
    聞いてみな」
受付係「では、イエス・キリストはどこでお生まれになられましたか」
男  「なんていう質問だ。キリストは馬小屋で生まれたんだ。そんなの
    誰でも知っているぜ。馬鹿にするな、ハイ、次の質問」

受付係「なんでキリストは馬小屋でお生まれになったんですか」
男  「なぜかって、あんたみたいな馬鹿野郎がイエス・キリストの母親に
    部屋を貸してやらなかったからさ」

 ユダヤ人といえば、我々はナチスドイツによる大量虐殺を思い浮かべる。

かつては「賎民」「守銭奴」と呼ばれ、同情すべき点もある。だが、第二次大戦後、ユダヤに国土を奪われたアラブ人にとっては「ユダヤ人によるパレスチナ侵略」以外の何ものでもない。サダム・フセインは「原爆を造り、イスラエルを地上から抹殺する」と公言していた。ユダヤ人はアメリカやヨーロッパ、南米で経済界、マスコミを牛耳っているのも事実である。米英によるイラク攻撃の理由も見えてくるというものである。

 なぜか、ユダヤ人に関するジョークは枚挙のいとまがない。そして、エスニックジョークでは好意的でないものが多いが、ユダヤ人が作ったと思われるジョークも採り上げた。
 アメリカは世界で最も多くユダヤ人が多く住んでいる国であるが、1940年代まで、ユダヤ人を泊めないホテルがあったという。
 日本でも「外国人お断り」というお店やお風呂屋があって「差別だ」と問題になったことがありましたね。

4・21 八柳)

TOPページへ


iwayama3 since2002.11
Presented by Ayako Taguchi