ことばあそび No.028

投稿日 2003/05/22  八柳さんの「面白看板」について
寄稿者 斎藤一也

 八柳さんの「面白看板」の記事の中に、デクノボー病院の名の謂れについて、
宮沢賢治や法華経の関係があるのではないかとのご指摘がありましたが、
その通りです。 まずデクノボーは宮澤賢治の詩「雨ニモマケズ」にあります。
 法華経の関係についてはおそらくあるだろうと思い、宮澤賢治研究会
の顧問(元会長)佐藤栄二氏におうかがいしたところ、やはりその通りで、
法華経の何章かに、常不軽菩薩(じょうふぎょうぼさつ)の品(ぼん)があり、
デクノボーとは、その菩薩のこと、と教えて頂きました。常不軽菩薩の品とは
常に相手を軽んじない精神の持ち主の菩薩で、「雨ニモマケズ」のデクノボー
のモデルは、斎藤宗二郎(内村鑑三の弟子、「恩師言」の著者、宮澤賢治と
の交流もあり)との事でした。以上調べた結果のご報告をさせて頂きます。

 

TOPページへ


iwayama3 since2002.11
Presented by Ayako Taguchi