盛岡発 No.008

発信日 2003/01/22  附六会HPへのリンクの経緯
発信者 田口絢子

 iwayama3→附六会HPへのリンク設置までの経緯を下記のとおりお知らせします。
  
(1) 福士先生→田口絢子

絢子さん、こんにちは。今日は後輩のホームページについて連絡します。
皆さんは附属中5回生ですが、皆さんの1年下の諸君がやはりホームページを開設しています。成島君、そしてあなたの同級の三田さんの妹,現沢野圭子さんの学年の皆さんです。皆さんは5回生、彼らは6回生なので「附六会」と自称しています。絢子さんの学年がホームページを開設していることを紹介したら是非見てみたいというのでURLを知らせてやりました。そしたらすぐ訪問したとさっき連絡がありました。卒業生の輪が広がることはよいことです。

▼「附六会」ホームーページ:
http://www.ne.jp/asahi/tokyo/furokukai/
   世話人:高野善夫;
yotakano@ytv.hoe.ne.jp
              竹内達夫;
ttakeuchi2003@ybb.ne.jp
あるいは先に高野君から連絡あるかもしれません。あなたが世話人であることを知らせ、あなたのaddressを勝手に知らせておきましたから。          以上連絡まで。
      福士 俊朗
 lucky-knight@nifty.com
 
(2) 「附六会」高野さん→田口絢子

田口絢子様

福士先生からご紹介を受けました 附属中学1年後輩の野善夫と申します。
私達はつい昨年11月から同期の仲間とホームページを始めたばかりです。
福士先生から「君達の先輩も立派なホームページを作っているよ」と、教えていただき、初めて先輩達のホームページの存在を知りました。
私達のホームページの名前は、同期会の名前を第6回卒業生であるところから、「附六会」と称しているものですから、”附六会だより”と名付けております。
URLは http://www.ne.jp/asahi/tokyo/furokukai/ です。始まってまだ2ヶ月くらいしか経っていませんので、なかなか先輩達のHPのような洗練された域に達しておりませんが、今後ともよろしくご指導をお願い申し上げます。
早速のお願いですが、私達も現在”リンク”先のページを開設しようとしておりまして、何とか、先輩達の立派なホームページをリンク先として指定させていただきたいと願っているのですが、お許しいただけるでしょうか?
そして、出来れば先輩達のHPのリンク先にも私達のURLを加えていただけないかと希望いたしております。附属の他の年の卒業生も、今後次第にHPを作る傾向に向かうものと想像しますので、そうなりましたら、一大ネットワークが完成するかも知れないという楽しみを感じております。
突然メールを差し上げた上、失礼なお願いを申し上げたのかもしれないと恐れておりますが、何かと行き届かない後輩の頼みとして、お聞き届けくださいますよう、お願い申し上げます。

”附六会だより”を代表して、 野善夫 2003/1/18
 
(3) 田口絢子→福士先生,「附六会」高野さん,竹内さん

福士先生
附六会 高野善夫さま
附六会 竹内達夫さま

はじめまして。附中卒5回生 田口絢子 HP iwayama3の管理人です。
福士先生からリンクのメールを頂戴しました。
こちらこそよろしくお願いします。

盛岡は相変わらずしばれる日が続いています。それでも日中は少し伸びた日差しが道路の雪を溶かしそれが夕方から、いいえ日中でも日陰の道はつるんつるんのスケート場状態になっています。

覚えていらっしゃいますか?
こどものころ下駄スケートってありました。下駄のように歯はなくて三角になっててそこに鉄がカーブして付いたもの。でも鼻緒だった?小学校低学年の頃は足袋でしたかしら?
斜めの部分を凍った道路に押しつけて「ペタペタツーペタペタツー」と滑って遊びました。
それから「竹スケート」これも先をカーブさせた竹にただ長靴をのっけただけ・・・
結構スピードが出ました。スケート場は・・家の前の道・・・車のない頃でしたので。

先日上京の折附属の東京プチクラス会に出席しました。
こちらのお仲間は附属小卒、附属中卒、転校して行った人も全部含めて120名ほどです。
住所は殆ど把握しています。

12月31日大みそかはそれはそれは冷え込みました。マイナス14°さすが寒さには馴れてる私でさえ元朝参りの真夜中の寒さには足がまるで宙を浮いてるようでした。
そのことをプチクラス会の席上で申しましたらみんなが「想像つかない・・」っていうのです。
「とてもそんなところでは生きていけない、暮らせない・・・」って・・・
「おいおい・・」でした。だってみんな盛岡生まれなら経験した寒さなはず・・・ですよね?
附六会の皆さまだってまだ地球温暖化になる前でしたでしょ?

だからこそ冷たい木枯らしに吹かれて待つ春の待ち遠しいこと、ばっけのほろ苦い香りが口の中でじゅわ〜って広がっていくのを想像する楽しさ・・・東京の人にはわかんないでしょうと幼なじみに戻って言い合う・・・笑い合う・・・クラスメートだからこその許される気ままな会話、そんなひとときを楽しんで参りました。

附六会のHP拝見致しました。
たかだか一年若いだけで(このいい方は最高の褒めことば・・)なんと若々しいそして躍動的なHPなのでしょう。
ちょっと私たちのHPとは違うんじゃない?といささかそちら様にお便りするのが躊躇されました。

しかし、今日こうして恩師福士先生の取り持つご縁で正式に出会いましたことをうれしく、ながながとメールしている次第です。

それにしても「先輩達のHPのような洗練された域に達していない・・・」とは、なんという謙虚で初々しく慎ましやかな表現でしょう。附六会のHPはより多くの方が参加してエンジョイされている様子が伺えます。

しかし同じ頃の時代、同じ先生方に出会い、友に出会い、土だらけの校庭を走り跳び空に向かって大声で唱った私たち、きっといいお仲間になれると信じています。

iwayama3にぜひともお立ち寄り下さい。私たちも時折お邪魔させて頂きます。

2001〜2002年iwayama 2管理人 伊藤紀夫
2002年〜iwayama3管理人 田口絢子 ayatagu@rnac.ne.jp
 

TOPページへ


iwayama3 since2002.11
Presented by Ayako Taguchi