盛岡発 No.090

発信日 2005/07/15  ハクセキレイ、その後
発信者 田口絢子

随分長雨が続き今日は久々の太陽でした。
セキレイの親たちは盛んにえさを運んできています。

親鳥の撮影に成功しました。

かわいい鳥だと思っていましたが結構鋭い目つきでやっぱり野鳥です。
カラスを見張ってる感じでした。私が窓辺に立つとバタバタと羽ばたいて私を威嚇します。
 
雛たちは随分しっかりしてきました。固まって居ますので5羽全部を確認できませんが多分全員孵化したと思います。でも親鳥はまだ交替で温めています。
多分外的から守ってるのでしょう・・・
 
ところでセキレイには前にも書いたとおりセグロセキレイとハクセキレイと2種類あるようです。
今日、袰岩さんがインターネットで調べてくれた資料を届けて下さいました。
ほとんど見分けがつきません。鳴き声が違うらしいのですがそれも比べてみなければ分かりません。
八柳さんも袰岩さんもセグリセキレイかも・・といいましたがこの資料をよくよく見ると顔が白い部分が多いので私はハクセキレイと思うのですが・・・
どうぞ野鳥に詳しいお方、教えて下さい。

資料によると孵化してから大体2週間で巣立つ・・・と書いてあります。
その日が来るときっと私は泣いてしまうかも・・・
 

TOPページへ


iwayama3 since2002.11
Presented by Ayako Taguchi