盛岡発 No.104

発信日 2006/02/13  雪まつり
発信者 田口絢子

小岩井雪まつりはいつからか「岩手雪まつり」と名前が変わりました。
今年で39回ですが振り返ってみると第1回から見ています。数年前まで本当に4,5年前までフジカラー撮影会なるものを開催していました。
モデルを仙台から呼んで・・・フジカラーの社員はテントを張ってフイルムを売ったりカメラを貸し出したり・・・女子社員は大きなお鍋でとん汁を作って社員やアルバイトにふるまったものです。

息子が1歳の時から通いました。子どもが小学校にはいると網張りスキー場に行くために、家族全員がスキーウエァを着てまず開会式で主人は「ごあいさつ」をしてそれからスキーをしに出掛けました。

小岩井雪まつりから岩手雪まつりと名称が変わり撮影会もなくなりましたが、やっぱりこの季節が来ると何故か懐かしい。
でも今年の寒さは格別でまご達からお誘いあったのですが丁重にお断り・・・でもでもやっぱり最終日には行ってしましました。

今年のテーマは雪のサーカス・・なんだか我々にはよく分からないキャラクターたち。札幌の雪像とは比べられないのですがそり遊びに夢中になれる年代の子たちには丁度手頃な遊び場でしょう。

それといつからか「屋台」がズラリと並び豚汁はもとより きりたんぽ ステーキ じゃがバターおしるこ ラーメン etcetcとこの屋台巡りが雪像より楽しい?雰囲気なのです。

夜の花火まではとても身体が保ちませんでした。小岩井バターがたっぷりのっかたじゃがバターを買ってフーフーと食べながら小岩井を後にしました。

今年はデジカメのシャッターを押すのも寒くて大儀な小岩井でした。来年も行くかなぁ〜? まごたちのそり遊びの年代もそろそろ卒業ですし・・・

最後の1枚は安比の夜の風景。ホテルの窓からナイターゲレンデの眺めです。。
 
小岩井農場まきば園 http://www.koiwai.co.jp/makiba/
 

TOPページへ


iwayama3 since2002.11
Presented by Ayako Taguchi