盛岡発 No.151

発信日 2007/11/14  里に下りた紅葉(その3)
発信者 田口絢子

北山 旧桜山神社と聖寿寺
 
南部家菩提所聖寿禅寺参道入り口にある案内図
案内図には墓碑、碑の全てが掲載されています
五重の塔、1805年江戸時代のもの
初重のみ現存(かつては35mあったという)
ここは普段開かない 奥にあるのが南部家廟所
43代利淳(淑子さんの祖父)が亡くなられたとき(昭和5年)
お父様が(44代利英)が建立されたもの。
中にはお母様の弟さんの利貞さま、お祖母さまの巖子さま、
淑子さんのご両親、一番上のお兄様が祭られています。
南部家廟所左手にある石段を上り詰めると
途中石の地蔵さまが鎮座されて
40代利剛 南部藩家老 楢山佐渡の墓もあり、
そして 南部英麿さんのお墓がありました
旧櫻山神社には七五三の家族がいました
これでやっと eたわごと 南部家余談 知って欲しい南部英麿
の英麿さんのお墓を見つけることが出来、ほっとしてるところです。
いつかまたここをもっと散策したいと思っています。
ここから、高松の池方面にいくハイキングコースもあるようです。
旧櫻山の境内もきれいな紅葉でした
 

TOPページへ


iwayama3 since2002.11
Presented by Ayako Taguchi