盛岡発 No.162

発信日 2008/08/24  北山散策
発信者 田口絢子

2007年10月1日靖国神社・港区南部藩めぐりツァーが一学年下の高野善夫さんを中心に学年の垣根を越えて開催されました。

そのときの次回は盛岡で・・の約束を2008年9月13日果たすべく我々有志は立ち上がり、8月22日南部邸の庭園に集合し下見にと出かけました。

コースは南部邸庭園(我々は決して中央公民館などとは言わない)お薬園跡脇〜愛宕山展望台、〜りんご畑〜岩泉道路の国道455号園〜旧桜山〜南部家墓所〜高松の池までの「北山散策路」4キロ。

参加者は
舘沢 波多野 袰岩 佐藤友子 私 それと南部家代々と交流がある越戸国雄さん
(淑子さんたち姉妹をおひいさまと呼ぶ方です)

今日は気温が20℃という9月も終わり頃の気候で、歩くとすこしだけ汗ばむけれど、どことなく秋の気配を感じた半日でした。

淑子さんも東京から参加してして下さるとのこと、普段は門を閉じている墓所も13日は開けて頂いて淑子さんと共にお参りしたいと思います。

 日時 9月13日 午後1時南部邸 庭園集合、
          午後3時高松の池到着(予定)

ご一緒に散策しませんか?


画像の説明:
 5月13日舘沢さんが一人でコースの下見をして写真を撮ってきました。
 写真の中で(舘沢)と書いてあるのがそうです。
 つつじのきれいな時期でした。

 9月13日は、りんごが真っ赤に枝もたわわに実ってることと思います。
 

南部邸庭園

スタート(舘沢)

愛宕山

キンミズヒキ

ガマズミ

ヒヨドリ草

展望台犬の散歩(舘沢)

紫波三山
左から 東根山 南昌山 赤林山 箱ヶ森
 アダジオ

  詩人立原道造 昭和初期の詩人(24才没)
  昭和13年深沢紅子の別荘に滞在、盛岡の
  叙景を綴った「盛岡ノート」の中の詩

   光あれとねがふとき
   光はここにあった!
   鳥はすべてふたたび私の空にかへり
   花はふたたび野にみちる
   私はなほこの気層にとどまることを好む
   空は澄み雲は白く風は清らかだ

リンゴ園からの展望

プルーン

リンゴ園

(波多野)

楢山佐渡

旧桜山境内

五重塔あと

旧桜山

旧桜山(舘沢)

南部家ご墓所

墓所の石段(舘沢)

南部利剛公

南部英麿の墓

南部菩堤所

岩手山(舘沢)

北山トンネル

高松の池(舘沢)

ムラサキケマン(ケシ科) (舘沢)

ホテルからの展望

グランドホテル前

コースがいろいろあって高松の池までは行かないで戻りました。
戻った方はリンゴ畑を通ってGOOD!!

戻ったのでグランドホテルに到着、ドリンクでのどを潤してから解散しました。
たっぷり2時間、森林浴をしながら心地よいひとときでした。
 

TOPページへ


iwayama3 since2002.11
Presented by Ayako Taguchi