関東発 No.027

発信日 2004/08/08  鎌倉雪洞祭り
発信者 八柳修之

古都鎌倉のお祭りといえば、伝統がある昔からのお祭りが想像されますが、
なかには新しいものもあります。
毎年、8月6日から8日まで、雪洞(ぼんぼり)祭りが鶴岡八幡宮で開催されます。
このお祭りは昭和13年(1938)に、当時の鎌倉文士達が、古都鎌倉にふさわしい
市民に親しまれる行事として企画したのが始りです。
内外の著名人、市民から寄せられた書画をぼんぼりに仕立てて境内に並べ、
ろうそくを灯して、夏の夜の清涼感を楽しもうというだけのものです。
あたりは真っ暗闇、ぼんぼりの灯りが幻想的ですが、上手く写真では伝えられません。
浴衣を着てぼんぼりを眺める人の姿をパッチリとしたいのですが、私のデジカメでは
暗くてシャッターが下りないのです。
「もっと光を」です。写真はぼんぼりに接近して撮ったものです。
 

   7時、急造の巫女さんがぼんぼりに灯をともす。
   カメラマンが集中してフラッシュを焚いたので、光を借りて
   これだけはなんとか写せたが、シャッターチャンスはイマイチ。
   (袰岩サンのコメントの前に言い訳)
 

山本富士子のさくらんぼ。 清涼感があった。
 

浅丘雪路のぼんぼり。さすが伊東新水の血を受けている。
 

次期全日本サッカー岡田監督、今夜は中国と決勝戦だ。
 

ご当地、中島千波画伯のノウゼンカズラ 

TOPページへ


iwayama3 since2002.11
Presented by Ayako Taguchi